PC・プログラミング本ランキング

第1位 MAKEの達人―UNIX版MAKE Microsoft版NMAKE Borland版MAKE対応 1457PV

昔なつかしいMAKEユーティリティの本。MAKEにはターゲットを作成するための依存ファイルの関係が書かれており、作成されるファイルの日付関係を比較しながら、必要なファイルがコンパイルされ、リンクされるという便利なユーティリティこのこと。 要約はこちら

第2位 Windows95 APIバイブル〈2〉コモンコントロール 976PV

Windows95 APIバイブルの2冊目。コモンコントロールとメッセージの解説をする。Win32環境で、VC++2.2で検証され、VC++4.0日本語版で確認されたもの。OSはWindows95、NT3.51 要約はこちら

第3位 [24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ?スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) 947PV

2008年出版の、オープンソースとコモディティな機材を使って、冗長化とスケーラビリティを兼ね備えたシステムを構築する方法。運用におけるこれらのノウハウ中心。 要約はこちら

第4位 要求を仕様化する技術・表現する技術 - 入門+実践 仕様が書けていますか? 939PV

システム開発で発生するバグの半分は要求仕様段階。「要求仕様書」の書き方はどうあるべきかを書いた本。 要約はこちら

第5位 できるマスターブック Windows 7上級テクニック 786PV

2010年4月時点の情報に基づいた、Windows7の中級者むけの本。 要約はこちら

第6位 Visual C++ MFC4プログラミング―Visual C++プログラミングの実践テクニック 765PV

VC++4.0 とMFC4.0 を使った多くのプログラム例がのっている。VC++はVC++2.0 から32ビットOSに対応した。 MFCはVC++とともに進化して、VC++ではWindows95とNT3.51に対応しており、そのライブラリもコモンコントロールやOLE、OCX、データベースなど多岐にわたったものになっている。 要約はこちら

第7位 無料ブログSEOバイブル 763PV

2008年に出版された無料ブログのSEO対策の本。無料ブログはきちんとした内容で戦略的に利用すれば、アクセスアップに有効であるとしていた。 要約はこちら

第8位 アルゴリズムの絵本-プログラミングが好きになる9つの扉 731PV

初心者がプログラムを作れるようになるように書いた本。 アルゴリズムはプログラムを作るときの考え方。複雑な数学的計算により結果を求めていく高度なロジックもあるが、この本では初歩的なアルゴリズムに触れながら、プログラムを作る際のアプローチを解説。 イラストを使い、一テーマ見開き2ページで解説。 要約はこちら

第9位例題30+演習問題70でしっかり学ぶ ExcelVBA標準テキスト 674PV

Excel2007 2010 対応のマクロとVBAの解説書。 サンプルファイルはダウンロードして無料で使えるが再転載と、2次利用は制限される。定型の仕事を自動化するためにマクロとVBAを活用しよう。またExcelVBAエキスパートの学習用として使える。 機能の解説をしながら、例題と応用問題を解いていく形式。 要約はこちら

第10位 Eclipse パーフェクトマニュアルベストセレクション 536PV

Javaの無償開発環境Eclipseパーフェクトマニュアルからの抜粋記事。 要約はこちら

これも面白かった

Windows Vista 自宅LAN完全攻略

納得!

平成19年出版のWindowsVistaシリーズの自宅LAN編。 自宅に2台目、3台目のパソコンを導入したときにLANの共有機能を使ってインターネットに接続する方法を解説したもの。ついでに必要と思われるLANの知識も解説。 図が多く、パターン別にこまかく解説していた。 要約はこちら

SEのための図解技術

この1冊。

図解はいまやSEに必須の技術だ。それは複雑なものを簡単に伝えられるから 要約はこちら